腰痛が治らないなら|早めに病院で治療しよう

看護師

健康診断を受診しましょう

健康寿命が大切です

医者と看護師

高齢化社会を迎えた日本で最も重視されている政策の一つに、高齢者の健康寿命を少しでも伸ばすことがあげられています。最近メディアなどでもよく耳にするこの健康寿命とは、介護など人の手を借りずに自立した生活を健やかに送ることができる期間と医学の世界では定義されています。この健康寿命は高齢者が充実した人生を送るためだけではなく、医療費の高騰にあえぐ日本の財政健全化にも重要な問題で、医療業界だけではなく国会でもたびたび審議される課題の一つとなっています。この健康寿命に大きな影響を与えるのが日常の生活スタイルです。日常での食生活や運動習慣などが健康に重要な役割を果たすのはどの年齢層にも共通していますが、とくに高齢者の場合にはその傾向がより強くなります。

病気予防にとても大切です

高齢者の健康維持に食生活や運動習慣と並んで重要なのが定期的な健康診断です。年齢を重ねるとどれほど健康な人であっても自然な老化現象として、内臓など体の至る部分に疲労がみられるようになってきます。この疲労を放置しておくとしだいに臓器などへの負担が大きくなり、やがては病気の原因ともなってしまうのです。そのため城東区の内科では高齢者やその家族の方に定期的な健康診断の受診を呼びかけています。城東区の内科では健康診断の際に血圧の測定や心電図の測定をはじめ尿検査や血液検査などによって高齢者の健康状態の変化を細かくチェックしています。これらの検査は病気の早期発見や病気を未然に防ぐ効果が非常に高いため、城東区の内科では特に力を入れている分野となっています。高齢者の方の場合は城東区から定期的に健康診断のお知らせが届けられています。その様なお知らせが届いたときは、忘れずに内科で健康診断を受診するようにしましょう。