腰痛が治らないなら|早めに病院で治療しよう

笑顔のナース

誰もがなる可能性がある

笑顔の看護師

自律神経失調症は誰もがなる可能性のある病気です。原因として、ストレスがあります。ストレスを感じた時の対処法について考えるようにしましょう。また、自分一人だけで悩まずに、専門医に相談することも大切です。

もっと見る

腫れと激しい痛み

相談

リウマチと言われる、激しい関節の痛みを与える病気があります。この病気を早く改善するためにも、関節痛が出たらすぐに受診することが大切です。世田谷には専門のクリニックがあるので、利用するといいでしょう。

もっと見る

健康診断を受診しましょう

医者と看護師

高齢者の健康寿命を延ばすのに大きな役割を果たしているのが健康診断です。健康診断は病気の早期発見や発病を未然に防ぐことに役立つため、城東区の内科では定期的な健康診断の受診を呼びかけています。城東区に住んでいる高齢者方は定期的に健康診断を受診するようにしましょう。

もっと見る

腰の痛みが続いていたら

腰痛の原因は人によって異なります。痛みを解消するためにも人気のサプリをゲットしておくと安心ですよね。

腰痛

腰痛は現在日本において約1000万人以上が罹患している疾患であり、まさに国民病の1つとなっています。高齢化が進む日本においてその患者数は年々増加傾向にあるでしょう。腰痛は症状であり、その原因となる疾患は多岐にわたります。腰痛を防ぐ方法で多いのは、コルセットを腰に巻くことです。コルセットを巻く事で、脊椎の動きを抑制し、また筋肉が力を発揮し易い状態を作る事が出来ます。しかし、コルセットを常時使用していると、筋肉が力を発揮するよりもコルセットがその作用で筋肉の力を抑えてしまい、筋力低下の原因ともなってしまう危険性があります。また、重い物を持ち上げる時には、腰を反らすのではなく、膝を曲げるようにしましょう。また、腰だけでなく膝、下肢全体を使う事も腰を痛めないために大切と言えます。

腰痛を引き起こす原因には何種類もの疾患が挙げられます。まず、腰椎椎間板ヘルニアです。これは、椎間板組織が後面に飛び出し、神経を圧迫して腰や下肢の痛みや痺れを引き起こす疾患です。10歳代から高齢者まで幅広い世代で生じる疾患です。次に、脊椎分離症が挙げられます。これは、腰椎の椎弓と呼ばれる部分の上下の突起が連続性を失い、痛みを引き起こす疾患です。青少年の約10%にみられ、特にスポーツを行っている場合に発症率が高くなると言われています。他にも、脊椎分離すべり症という腰椎の反りが強くなる疾患や、高齢者に多い変形性脊椎症などが挙げられます。いずれも画像診断により鑑別でき、それぞれに合った治療方針を決める手立てとなるでしょう。早期診断、早期治療が重要です。